モンテッソーリ教育により、神を敬い人を愛する人間形成を目指します。

蔵王めぐみ幼稚園

行事報告

節分

2019.2.1

2019年2月1日(金)今日は節分を楽しみました。節分は季節が冬から春に向かう喜びをあらわす日です。昔の人は寒い冬に健康を害したり、悪いことが起こりやすいので、オニのような悪さをするものを体や家から追い出そうとしたのです。でも、「泣いたアカオニ」に出てくるアオオニのような、良いオニもいるのかも知れません。

えんじたちは、じぶんがつくった、オニのおめんをつけて、ホールにあつまりました。 「泣いたあかおに」のえいがを見た後、新聞紙でボールを作って、かべに貼ってあるオニの顔に、ボールの当てっこをしました。 貼ってあるオニの顔には、てんすうがついていました。
   
てんすうの高い、とおくのオニにボールをあてるのは、むずかしかったです。 みんな、あせをかくほど元気に動き、オニはからだから逃げ出したように感じました。
   

小学校訪問

2019.2.8

2019年2月8日(金)今日、年長さんは、近くの小学校を訪ねて、一年生のお兄さんやお姉さんと楽しいひとときを過ごしました。年長さんは間もなく、四月から一年生になるので、小学校のことが分かって、とても良いがくしゅうのじかんになります。

バスにのってがっこうにつきました。一年生のクラスに向かっています。 えんじたちはクラスの後ろに、一列になってすわり、ごあいさつをしました。 一年生の皆さんも、一列にならんで、あいさつをしてくれました。
   
そのあとで、「くじらぐも」というおんどくげきを見せてくれました。げきの内容がよくわかるように、クジラのような形をしたしろいくもの えを黒板にかざってくれました。 お兄さんお姉さんは、「くじらぐも」といっしょに、大空を泳いだり、 遊んだりしました。
   
「これで『くじらぐも』のげきはおわりです。みなさん、おもしろかったですか?」 「次は、間違い探しのゲームをします。一人づつ、ろうかに出てから、またクラスに戻って来ます。ろうかに出る前のすがたとどこが違っているのか、あててください」 「わたしのうしろすがたは、前とちがっていますか?」
   
「どこがちがっているか、分かりますか? 」 ちゅういして見ていないと、気がつくのは、なかなかむずかしかったです。 次は、おみせやさんごっこをしました。お兄さんお姉さんは、一人一人、すきなお店になります。そして、つくえの上に、品物をカードで作って、お店にくる園児たちにかってもらいます。
   
ここは何を売っているお店か、分かりますか? ここでは、いろんな食べ物を売っています。 ここには、やおやさんとでんきやさんのお店があります。
   
お店屋さんごっこがおわりました。これから体育館に行きます。 そして、いっしょになわとびあそびをしました。
   
お兄さんやお姉さんは、なわとびがとってもじょうずでした。わたしたちも、もっとたくさん練習して、じょうずになりたいです。 おかえりのじかんが近づいてきました。なかよく手をつないで、クラスにもどりました。
   
おわかれのごあいさつです。おにいさんは、「きょうはたのしかったですか? またあそびに きてね。まってるよ」といいました。園児たちは、おみせやさんごっこのカードをおみやげにいただきました。 がっこうのおともだちは、玄関までいっしょについてきて、おわかれをしてくれました。 みんな、たくさんの思い出をつくって、ようちえんにもどりました。がっこうのせんせい、 おともだちもみなさん、ありがとうございました。