モンテッソーリ教育により、神を敬い人を愛する人間形成を目指します。

蔵王めぐみ幼稚園

行事報告

こまくさ交流

2016.10.12

 2016年10月12日(水)蔵王めぐみ幼稚園では、山形市社会福祉事業団 まんさくの丘 「こまくさ学園」で学んでいるお友だちと、一年に数回の割合で、相互に園舎を訪ね、一緒に遊ぶお交わりのひとときを持っています。今回は、学園のお友だちが幼稚園を訪ねてくれました。
いらして下さったお友だちや先生方を前にして、園児たちはホールでごあいさつをしました。みんなとっても元気そうです。
ごあいさつが終わってから、さっそくお外遊びです。
園庭のトライアングルに登ったり、
あんぱんマンの遊具をゆらしたり、
砂場あそびに熱中しました。
また、三輪車に乗ったり、
滑り台遊びをするなど、二つの園児たちは、みんな仲良くまじりあって、
分け隔てなく元気に、楽しいひとときを過ごすことができました。
今日は時間の経つのがずいぶん早く感じられました。
予定していたお外遊びの時間はあっという間に過ぎて、もうお別れをしなければなりません。学園からお迎えのバスが来たので、「また次も一緒に遊ぼうね」のお約束を交わして、お友だちは学園に帰って行きました。

消防訓練の日

2016.10.14

 10月14日(金) 消防訓練の日
2016年10月14日(金) 今日は 消防訓練の日でした。皆なで屋外に避難してから、園庭に集合しました。そして、山形市消防署南出張所の署員さんから、消火器の使い方を教えて頂きました。
スコーンを火元に見立てて、 消火器から水を発射し、消し止める方法を学びました。
その後で、消防車の仕組みを教えてもらいました。どんなことをすると水が勢いよく出てくるのか、水はどれぐらい入っているのかなど、とても面白いお話を聞きました。
最後にかっこいい消防車の前で、記念写真を撮りました。消防署の皆さん、有り難うございました。

第五回 親子学び会

2016.10.29



2016年10月29日(土)今日は九州の長崎市から三人のご家族(松本家の皆さん)を招いて、第五回の親子学び会を行いました。
続いて登喜子さんが薬剤師の立場から、子どもにくすりを飲ませる際に、どのような工夫や注意をすれば良いのかについて、いくつかの場面を想定して、質問・返答形式で講演されました。
最初は千尋さんが臨床心理士として働いておられる中で経験する子どもの心理状態や不登校などの問題について講演されました。
最後に逸郎さんが最近挑戦されている日本ミツバチの飼い方や増やし方、ハチミツのとりかたなどについて話されました。
講演が終わってからも、感想や質問などを通して、楽しいお交わりのひとときを過ごすことが出来ました。
短い講演時間でしたが、内容の豊富なお話しを伺い、疑問や興味はなかなか尽きませんでした。
そして、どんな味がするのか、一つ一つ食べさせてくれました。園児たちはお帰りのときに、みんな、長崎のお菓子がたくさん入った袋を先生からおみやげとしていただき、大喜びしました。
10月31日(月)には、園児たちと一緒に過ごす楽しい時間を用意して下さいました。逸郎先生は、先ずスライドを使って、長崎に伝わるいろいろなめずらしいお菓子を教えてくれました。
先生は次に、スライドに映しながら、日本ミツバチの一日の様子や一生を面白くお話しされました。
終わってから、ハチミツがたくさん貯まっているハチの巣を見せて、「ここからハチミツを集めるんだよ」と教えてくれました。
楽しかった今日の一日を記念して、最後にみんなで記念写真をとりました。