モンテッソーリ教育により、神を敬い人を愛する人間形成を目指します。

蔵王めぐみ幼稚園

行事報告

おじいちゃんおばあちゃんの日

2016.9.3

 蔵王めぐみ幼稚園では、9月3日(土) のおじいちゃんおばあちゃんの日をお祝いするために、みんなでいろいろな準備をしました。 どんなことをしたのか紹介します。

カレーをつくる用意をしています。先ず、じゃがいもの皮をむいて、てきとうな大きさに切りました。机の上を見ると、終わった様子が分かります。
次にタマネギを切りました。みんな包丁をじょうずに遣うことが出来て、ケガをした人は一人もいませんでした。涙を流しながら切るお友だちもいました。
なべには切り終わったジャガイモがたくさん入っています。先生に切り方を教わりながら、みんなタマネギ切りに熱中しています。
年長さんはタマネギ切りを楽しむ余裕さえ感じられます。
年中さんも負けずに挑戦しています。
年少さんだって出来ました。
野菜を切り終わった後は、ホールでおうたの練習です。先生のあいずに合わせて、何度も練習しました。
ピアノに合わせて歌をうたう工夫をしています。
年長さんはステージに並んで歌う練習もしました。


おじいちゃんおばあちゃん、今日はゆっくり楽しんで下さい。そして、お孫さんの努力を誉めて、かわいがって下さいね。 今日が大切な思い出の一日になりますようにお祈りします。
園長

おじいちゃん・おばあちゃん ありがとうの会。

2016.9.3


9月3日(土) 今日は準備をして待っていた「おじいちゃん・おばあちゃんありがとうの会」です。会は午前十時過ぎから始まりました。練習していたお歌を披露して楽しんでもらった後で、 皆なで作ったカレーライスをごちそうする計画を立てました。
お歌は最初、にじぐみさんとほしぐみさんが一緒になって歌いました。
「おべんとうのうた」、「いちねんじゅうはみなたのし」、「ほたるこい」、「手と手と手と」、「やまのごちそう」、「うちゅうせんのうた」、の五曲を歌いました。
みんなで記念撮影をしたあと、グループごとテーブルを囲んで、カレーライスをめしあがっていただきました。
おじいちゃん・おばあちゃんのいのちをもらって、わたしたちは生まれてきました。
おじいちゃん・おばあちゃんのしらがはわたしたちが生まれてくるためにできました。
おじいちゃん・おばあちゃん、元気に長生きして下さいね。
そして、わたしたちがすくすくと、よい子に成長するすがたを、あたたかく見守っていて下さい。
おじいちゃん・おばあちゃんが大切に育ててくれるので、わたしたちも、じぶんやお友だちを大切にできるようになるのですから。
それにしても、このカレーの味はなんと美味しいことでしょう。
みんなで作って、大好きなおじいちゃん・おばあちゃんといっしょにたべているからなのですね。

第四回 蔵王めぐみ幼稚園 親子学び会

2016.9.17


9月17日(土)第四回 蔵王めぐみ幼稚園 親子学び会が開かれました。講師はこひつじキリスト教会の牧師千葉 顯一 先生。テーマは『時代を見据えた子育ての課題』。






親子学び会の内容をまとめたものです

チクダテせんせいとおえかきのレッスン

2016.9.29


2016年9月29日(木) 今日は築立先生からお絵かきを教えてもらいました。今年度になって三度目のレッスンです。一回目 と二回目は線の書き方を学びました。 1
今日は、まず、スケッチブブックを広げ、クレヨンをつかって、画面全体に、いろいろな大きさの点をえがきました。 2
そのあとで、点と点を線でむすんで、いろいろな形を作りました。 3
できあがった形から、いろいろなイメージがうかんできました。
みなさん、このかたちを見て、なにを思いうかべますか。なにを考えますか。
さいごに、線でかこんだところを、すきな色のクレヨンでそめて、絵に仕上げましょう。
年長さんのいない小さなお友だちのクラスも、同じようなお絵かきのれんしゅうをしました。
フロアーにスケッチブックを広げて、いろいろな大きさの点をえがき、すきな点と点をえらんで、線でつなぎました。
こんなふうに、おもしろいかたちができました。
では、すきなかたちになったところを、クレヨンでそめて、絵にしてみましょう。小さい子のクラスはちょっとつかれたみたいだけど、とてもためになる、すばらしいお絵かきの時間をすごすことができました。