モンテッソーリ教育により、神を敬い人を愛する人間形成を目指します。

蔵王めぐみ幼稚園

行事報告

第三回親子学び会の記録

2016.8.20


2016年8月20日(土) 今日は第三回親子学びの会です。新潟市にある亀田平和の園保育園の理事長兼園長を務める板東光子先生をお招きして、先生の保育園 におけるモンテッソーリ法の活用や教育方針を紹介して頂きました。
先生は、パワーポイントのスライドを準備して下さり、分かり易く 説明して下さいました。
先生は、京都モンテッソーリ教師養成コースの講師を長年にわたり務めておられ、次 世代の教諭・保育士の育成にも熱心に取り組んでおられます。先生の保育園で働く 方々も養成コースで学んでいるそうです。 このスライドでは、絵本を便利に分かり易く棚に陳列する方法を説明されました。
先生と副園長のスナップです。副園長も数年前からモンテッソーリ研修会に参加し、モ ンテッソーリ教育を学んでいます。この八月は、東京で10日間の研修をこなしました。
モンテッソーリ法の大原則は、子どもが自己創造するのを手助けする、という点にあります。 教え込むのではなく、子どもの自発性・主体的成長、自立を助けるという点にあります。
1. モンテッソーリ法では、学ぶ意欲を高め、集中力を養うことに力点があります。ですから、 これを可能にするために、子どもに大きな自由を保障する必要があります。

2. そのためには、子どもに興味を持たせることが重要ですから、教材も含めて、学ぶ環境 の整備に力を注ぐことが重要です。

3. モンテッソーリ法では、異年齢の子どものクラスを造ります。異年齢間の人間関係を通し て、人として欠かすことの出来ない他者への思い遣り、労り、責任、愛が生まれて来るこ とを重視しています。また、子どもの脳や体の発達は個人によるばらつきが激しいという 医学的事実もその理由になっています。
今日のお話を通して、当幼稚園で保育に携わっている先生方は大きな勇 気と喜びを与えられました。子どもの頃はもうずっと遠くに過ぎてしまい ましたが、保育を通して、もう一度子どもの頃に戻って、自他の人間形 成に与ることが出来るような希望に満たして頂きました。感謝です。

おたんじょうかい

2016.8.25


2016年8月25日(木) 今日は新学期最初のお誕生会です。五名のお友だちのお誕生を、皆なで祝いました。
一人一人に家族が思い出とおいわいのメッセージをひろうした後で、
クラスのお友だちが、記念品を差し上げました。
そして最後に先生が大型絵本のろう読を通して、いつ迄もなくならない大きな夢をプレゼントして下さいました。