モンテッソーリ教育により、神を敬い人を愛する人間形成を目指します。

蔵王めぐみ幼稚園

行事報告

運動会

2018.10.13

2018年10月13日(土)今日は幼稚園の運動会です。久しぶりに青空が広がり、明るい太陽のひかりがさして、運動会にふさわしい日になりました。子どもたちのこころもはずんでいるようです。おうちの人や近所の人、卒園生や先生方も応援に来て下さいました。

園児はプラカードをもって、入場しました。年長児はぞうぐみさん、年中児はくまぐみさんです。 つづいて、年少児のうさぎぐみさんも入場しました。 年長児のみんなが前に出てて、「これから運動会をはじめます!」と大きな声で、開会の宣言をしました。
   
最初に準備たいそうをして、体をならしました。ハトぽっぽ体操をしているところです。 いよいよ競技がはじまりました。親子でおこなう「大玉ころがし」からスタートです。
   
次は、「ラーメンダンス」を全園児でおどりました。「ラーメン大好き、ラーメン大好き」と、歌声に合わせておどりました。 保護者のお母さんも、司会をつとめて、運動会を助けてくれました。
   
次は、「出前にゴー」です。このゲームは、障害物を通ってから、「ラーメン」の出前をするという競技です。トンネルをくぐってから、 ラーメン屋さんの衣装をつけて、ラーメンをとどけます。  
   
年長児は、のりものにのって、ラーメンをとどけました。  
   
次のゲームは、「親子だZoo」でした。動物のカードをえらんだら、親は動物のように子どもといっしょにゴールするというゲームでした。  
   
次は「親子二人三脚」でした。お父さんやお母さんと一緒に、三本の足で走りました。途中で転ぶこともあって、ちょっと難しいようでした。  
   
  続いて、園外から参加した子どもたちによる「ここまでおいで」でした。ゴールでは、ふうせんやすてきなおみやげが待っていました。
   
次は、「ウルフ 紅白対抗玉入れ」でした。おおかみのお面を付けたお父さんの背負った赤白かごの中に、赤ぐみは赤いたま、白ぐみは白いたまを入れます。 ゲームが始まりました。にげるお父さんおおかみを追いかけて、かごの中にたまを入れました。 赤ぐみが入れたたまのかずを数えているところです。
   
白ぐみも同じように数えました。 お父さんおおかみがかごに入ったたまを、一つずつ投げているのを、みんなで数えました。  
   
これは「赤白対抗つなひき」です。最初は子どもたちだけで引き合いましたが、次はお父さん、お母さんも加わって、みんなでかけ声を合わせて、つなを引っ張りました。
卒園した小学生も、「障害物競走」に参加して、運動会を楽しんでくれました。  
   
  これは赤白対抗のリレーゲームをしているところです。バトンに代えて、赤白のリングを使っています。
   
フィナーレは、衣装を着けた「花笠おどり」でした。なんども練習してきたので、とても上手に踊ることができました。  
   
  途中からお父さん、お母さんも加わって、みんなでにぎやかに、おどりを楽しみました。
   
全てのゲームがおわりました。これから閉会式です。開会式のように、プラカードを持ってグランドに入りました。 園長先生のあいさつに続いて、子ひつじ教会の千葉先生からお話しをしてもらいました。「みんな、一生けんめい、力をつくして、ゲームをやりとげましたね。一人一人、とても頼もしく感じました。」と、成長を祝って下さいました。 園児たちは首にメダルを付けてもらい、おやつのごほうびも配られました。
   
年長児がメダルを下げて並んでいるところです。 さいごに、もとい先生があいさつをしました。「みなさん、今日は練習の成果を生かして、とってもすばらしい運動会ができましたね」  
   
  おわってから、家族と一緒に写真をとって、楽しい一日を記録しました。

さつまいも掘り

2018.10.17

2018年10月17日(水)今日は幼稚園の畑に植えているさつまいもを掘る日です。五月に苗を植えました。夏に日照りが続いて、雨があまり降らなかったので、実りはどうでしょうか。今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、園児たちはバスに乗って、畑に向かいました。

畑に降りて行くところです。 畑に着きました 「みんな、ツルが地面から伸びているところの土を、スコップで少しづつ掘るんだよ」
   
「ほら、お芋がとれたよ」 「わたしもとれました」  
   
わたしも、ぼくも、みんながお芋を手にすることができました。
   
幼稚園で実習している先生も、がんばって掘りました。 「みんな、そろそろお帰りの時間ですよ、お帰りの仕度をしましょう」 「坂道を滑らないように注意して、並んで帰りましょう」
   
「このお芋のやつ、重くて手がかかるよ」